顔認識のつづき

もう退役して、ウチにいて日経を読んでいたのですが、

その日は

富士フィルムが顔を認識して、顔にピントを合わせるカメラを開発!
という記事が
一面に踊っていました。

会社が開くと同時に、電話で「御社のかような記事を拝読し、
私には子供はいませんが、自分のいのちより大事なネコがいます。
失敗写真を量産していますが、
(藤野カメラだったりします)

このカメラで可愛い写真がちゃんと撮れるものでしょうか?



聞いてみました。

電話口の男性はとても冷静に

「あいにく、人間のみです。

なぜなら、

イヌ、ネコ、その他
模様の有る顔の
(しまやぶち)
そのパターンは様々でそこまでは今回出来てはいないものの


〜〜〜

ご指摘、ありがとうございます。」


交換手ではない方につながったことを確認できたので、

「自分のような年寄りには子供もいないし、孫もいない。諸事情でイヌネコ、類するものを心の糧、
生き甲斐にする者もいる、

難しいカメラ、ではなく

そんな私にうちの子が撮れるカメラであれば、市場はあります。
多少高くとも、安いものを買って撮れないよりは、

(撮れないから買わない>だからフィルムも買わないのよ!)


撮れればそれを買いますよ!




と言いました。


つづく。。。。
[PR]

  by haroukitty | 2011-12-05 23:18 | 猫写真

<< つづき>その後動物認識というの... さすがウチのシロ子さんですこと! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE